使い分け | 色々使える家庭のウラ技を伝授|身近な洗剤で野菜も洗える

色々使える家庭のウラ技を伝授|身近な洗剤で野菜も洗える

使い分け

家中の様々な場所の掃除や洗濯に使え、その他の日常生活においても活躍の場が多いと話題になっている重曹ですが、実は3つの種類があります。 それらはそれぞれそのような用途で使用されているのでしょうか。 まず一つ目は医療用重曹です。 これは三種類の中で最も純度が高くきめ細かく精製されており効果です。 「医療用」の名の通り、日常生活においてはあまり使用することはありません。 もう一つは最も一般的な食品用重曹です。 こちらは「ふくらし粉」「ベーキングソーダ」「タンサン」等の名称で製菓材料売り場に置かれていることが多く、ホットケーキやカップケーキなどを柔らかく膨らませるために利用されています。 最後は工業用重曹です。 三種類の重曹の中で最もキメが荒く、クレンザーとして使用されたり、主に掃除や洗濯の場面で使用されています。 用途に応じて最も適したものを、薬局やスーパー、インターネットショッピングで購入することができます。

重曹は昔から日本人の生活になじみ深いものですが、近年では特に肌の弱い方や赤ちゃんのいるご家庭、化学物質や合成洗剤を使いたくない自然派志向の方などの間で普及しています。 工業用重曹にしても、重曹は元々食品として使用されているものなので人体・環境に優しく、安心して使えるというのが大きな理由です。 掃除の際に使用するのが最もメジャーで、油汚れを落とす効力を活かして台所の換気扇や魚焼きグリル、鍋の焦げ付きや茶渋や湯垢を落とすために使用されたり、風呂場の掃除や様々な場所の消臭に使用されます。 その他、入浴剤やうがい薬として使用されることもあり、日常生活の色々な場面で使用できるので経済的にもおトクであることも支持される理由となっています。